最終.jpg
  • Facebook - Grey Circle

冨樫達彦 w/Gökotta シェフ イン レジデンス

HOUSEHOLD / 氷見市                                            2.11-2.17.2019                                        ←Go !!

Place : HOUSEHOLD, Himi, Toyama
Time and Day :   From Monday 11 February 2019  to  Sunday 17 

Eating is our daily routine.But have you ever imagine about pile of stories stacked up behind dishes.  

Fish, for example.

There are those who get on ships early in the morning and haul a net.

Caught fishes are brought to a port and bidding.

There are those who sell, buy, and transport them.

There are those who cut, season, and serve them on a dish.

Then, it comes to our dining table.

Even just one dish has a long-term story of various people behind.

I talked about this kind thing with Mr. and Mrs. Sasakura, when I first visited HOUSEHOLD two months ago. In Himi, a city of Toyama Prefecture, we can feel stories behind dishes in daily life. So, our little dialogue gave a birth to Chef-In-Residence project.

 

This project is aimed at an opportunity and a place for visualizing "everyday life.”

An artist will stay here for a week and develop his/her recipe for local people. It is not only food to material for developing the recipe. Everything he/she sees and hears during the stay, such as history and dialect of Himi as well as small talks, could be the material.

The developed recipe depends on how the artist get to know people and stories there. Since bound communication and trust are necessary for the materials, a gallery on the second floor can be used for an open studio to show the process of research as "Seeds for the Recipe.”

On the final day, the artist will serve dishes from Seeds of the Recipe to the local people, which let the locals experience a cycle that what they have talked to the artist is returning into themselves with a different shape. Time shared with not only the artist but also anyone involved will be a result of this residency.

 

Eating is to live.

Living may be to experience the connection with others.

Then, our everyday life might be slightly different when we notice behind stories of everyday dishes on the table.

Translate:Maki Hayashida  

Plan,Coordinate,Photograohy,Texts,Design :Rika Koike (Gökotta) ​

食べることは日々の出来事である。
そしてその食事の向こう側にもたくさんの出来事の積み重ねがあることを知っているだろうか。

たとえば魚。
朝早くから船に乗り、網を引く人々がいる。
それらは漁港に運ばれて、競りにかけられる。
売る人と買う人がいて、運ぶ人がいる。
新鮮なうちに捌いて、味付けをして、お皿に盛り付けて、わたしたちの目の前にあらわれる。
一皿の一品が食卓に並ぶまでには、地層のように多くの時間と人々の繋がりが重ねられているのだ。

 

そんな話をつい2ヶ月前、初めてHOUSEHOLDを訪れた日に笹倉夫婦と話した。
氷見では生活の中で目の前の食卓の裏側を感じることができる。
小さな対話からこのシェフ・イン・レジデンスは生まれた。

 

この企画は「日々の営みを可視化する」場所と機会としてのレジデンスを目的としている。
アーティストには1週間HOUSEHOLDに滞在してもらい、現地の人々にふるまうためのレシピを作りあげてもらう。
レシピを練るには食品だけが素材とは限らない。
滞在して見て聞いたものすべて、氷見に根付く歴史や風習、方言、小さな世間話でさえも素材として活かされるのだ。
どんな人々と出会い、物語を知り、アーティストの中でどのように編集してレシピを完成させていくのか。
それらの素材(または調味料)を得るまでには地道なコミュニケーションや信頼が必要となるため、2階ギャラリーはオープンスタジオとして開放し、リサーチの過程を「レシピの種」として見せていく場とする。
そして最終日には「レシピの種」から生まれた料理を実際に作り、氷見の人々に召し上がっていただくことで、彼らはアーティストに話した言葉が形を変えて自分たちの中へと還っていくことを経験することになる。
誰かの存在によって目の前の光景がつくられていくことを、アーティストだけでなく、関わったすべての人と共有する時間をこのレジデンスの成果としていく。

 

食べることは生きることである。
生きることは自分以外の存在との繋がりを身をもって経験することだとしたら、
ひとりひとりの対話や手仕事、自然の時間軸が積み重なって、今、目の前の食卓が彩られていると気がついたとき、
当たり前の日常がすこし違ってみえるかもしれない。

日本語訳文責:林田真季  

​企画、コーディネート、文責、記録全般、フライヤーデザイン:Rika Koike(Gökotta )

場所  :HOUSEHOLD, 氷見市内各所日時 :2019/2/11(月)~2/17(日)    13:00-18:00   

※ 期間中は2階galleryをオープンスタジオとして公開します。

※ 2019/2/17(日):冨樫達彦シェフによるランチ・フルコース※ 2/17(日)~ レシピの種 展示

 © 2019 Gökotta